訪問介護サービスとは

介護が必要になった方、またはそのご家族の方の介護負担軽減を目的としご自宅に訪問し、食事や着替え、排泄の介助や入浴介助等介護全般に関することを支援するサービスです。
ホームヘルパーが自宅を訪問して、自立した日常生活を送れるように支援するサービスで、介護保険利用の場合は介護支援専門員が作成するケアプランに基づいて、食事介助、排泄介助、入浴介助、衣類の着脱介助・身体の清拭・通院等の介助などの「身体介護」と、掃除・洗濯・買い物などの「生活援助」に区分されます。

住み慣れた自宅で生活が送れるようにする

利用者はその家族のライフスタイルはさまざまです。訪問介護サービスは家族ルールを尊重したサービスです。
また、介護コーディネーターが利用者とヘルパーの橋渡し役をやり、ケアプランに基づいた適材適所のサービスをコーディネートしてくれます。
しかし、要はヘルパーさんです。訪問介護サービスを選ぶ時は、ヘルパーの良し悪しで判断するべきでしょう。やはりクチコミの評判が一番確実だと思います。

さまざまな介護サービス

訪問介護サービスにはいろいろな介護、介助、援助があります。
[身体介護サービス]
入浴や清拭などの身体清潔の介助や食事の介助の他、排泄の介助など日常生活の中で必要とされることをお手伝いしていただきます。
[外出介助サービス]
日常的な外出や医療機関などへの付き添いなどをしていただきます。
[生活援助サービス]
日常生活に必要なお買物や掃除、洗濯、食事の支度など、さらに話し相手になるなど生活援助をしていただきます。

スポンサードリンク